虫歯ができる理由

甘いものを我慢して、歯ブラシもしているのに、虫歯ができてしまうのはナゼ?

虫歯は、どうしてできるのでしょうか? 甘いものの食べすぎや歯ブラシが不十分なことが原因だと思われがちですが、実は原因はそれだけではないの です。どうして虫歯になるのかを知っていれば、虫歯は簡単に防ぐことができます。まず、みなさんは食べ物を口にする度、歯を形成するミネラルが溶 けていることをご存知ですか。これを歯科の世界では「脱灰(だっかい)」と呼んでいます。一度溶け出したミネラルを再び取り込むことを「再石灰化 (さいせっかいか)」といい、この再石灰化は唾液によって行われます。つまり、口腔内では常に食べ物によってミネラルが溶け出し、唾液によって その溶け出したミネラルを再び取り込む、脱灰と再石灰化が常に繰り返されているのです。 この脱灰と再石灰化のバランスが崩れてしまうと、虫歯ができてしまいます。逆にいえば、このバランスを保つことが出来れば虫歯は進行しないわけ です。このバランスを保つのに重要なのが、口腔内にいる最近の数や唾液の質や量、もちろん食事や歯ブラシの仕方も大きく関係してきます。

このバランスがとても大切!

その1 細菌について

お口の中には約500-数億!!!!もの細菌がいるといわれています。どんなにきれいに磨いても、 お口の中には細菌が存在しているのです。この細菌ですが、大きく「虫歯菌」「歯周病菌」「そのほか」に分類 されます。「虫歯菌」の代表的な菌には「ミュータンス菌」「ラクトバチラス菌」があります。ミュータンス菌は 簡単にいうと、虫歯を作る菌です。ラクトバチラス菌は虫歯を進行させる菌です。このふたつの菌の量は、唾液検査 (サリバテスト)で調べることができます。ミュータンス菌は、主に1~3歳までに感染するといわれており、その量を減らす ことが難しいため、まずはその活動をおさえる必要があります。一方ラクトバチラス菌は、間食が多いことや詰め物が合わない ことなどが原因で増える菌です。間食や詰め物を作り直すことで、ラクトバチラス菌は減らすことができます。

その2 唾液のはたらき

唾液には、さまざまな力があります。お口の中は本来中性ですが、食べ物を口にすると口の中の細菌が 食べ物を分解し、炭水化物を栄養素に酸を吐き出します。中性だったお口の中は酸性に傾き、歯を形成するミネラルが溶け始めます。 これが脱灰です。脱灰を続けると、いずれ穴があいてしまいますが、それを防いでくれるのが唾液なのです。唾液は歯の表面を中性 に戻す働きを持っています。歯の表面が唾液に侵され、中性になると、歯はミネラルを取り戻します。これを再石灰化といいます。 このように歯は食事をとる度にミネラルが溶け出し、それを唾液が取り戻してくれるのです。

その3 食生活について

2で述べたように、歯は食事の度に歯を形成するミネラルが酸により溶け出す脱灰と、唾液の働きにより中性に戻る再石灰化を繰り返しています。しかし、一日3度の食事意外に甘い飲み物などの間食をとる人のお口の中は、常に脱灰しているため、唾液による再石灰化が間に合わなくなってしまいます。つまりずっと歯が溶けている状態になるのです。特に寝る前が危険です。睡眠中には唾液がほとんど出ないからです。虫歯は脱灰と再石灰化のバランスが崩れるとできてしまいます。間食をしないようにというよりは、決まった時間に食事をとり、間食は食事のすぐ後にとるなどの工夫をして脱灰と再石灰化のバランスを保つことが何より大切です。

その4 歯磨きについて

食事の後にしっかり歯磨きをしているのに虫歯になってしまうのはどうしてでしょうか。歯ブラシで完璧に 汚れ(プラーク)を取り除くことができればいいのですが、そうはいかないからです。プラークには粘着力があり、歯の表面に こびりついています。そのため、歯ブラシの毛先が当たったぐらいでは汚れを完璧に落とすことはできないのです。歯ブラシの 届きずらい奥歯や歯の間から虫歯になってしまう原因がこれです。また、お口の中は高温多湿で、地球上でもっとも細菌が繁殖 しやすい場所といわれています。そんな環境の中でプラークをゼロにすることは不可能に近いので、歯ブラシの本来の目的は、 プラークをゼロにすることでなく、古い細菌を壊し、比較的影響力の少ない新鮮なプラークだけの状態にしておくことにあるのです。 歯ブラシでお口の中を清潔に保つことは大事ですが、それだけでは虫歯を防ぐことはできないということはぜひ覚えておいてください。

その5 キシリトールとフッ素について

キシリトールは、虫歯の原因となるミュータンス菌に効果的です。通常、食事のときに摂取する炭水化物をもとに、虫歯菌が酸を吐き出し、歯の脱灰が始まるのですが、飲食後にキシリトールを食べることによって細菌が炭水化物と勘違いして、キシリトールを食べてしまいます。その結果、酸を吐き出すことができなくなり、細菌の活動は弱まるのです。また、キシリトールを食べ続けることによってプラークがつきにくい口腔内を作ることができるとも言われています。 一方、フッ素には歯を作るミネラルを溶かす脱灰を抑制し、再石灰化を促す働きがあります。フッ素は食品の中にも含まれており、過剰摂取など誤った摂取を続けると人体に悪影響を及ぼすといわれていますが、歯科衛生士の指導に従い、正しい使い方をしていれば問題はありません。

"

歯周病について

日本では、30代の約8割が歯周病です。

歯周病は、バイオフィルムと呼ばれる細菌による感染症です。バイオフィルムとは、細菌の集合体のことで、歯とはぐきにしっかちこびりついてはぐきに炎症を起こします。更にバイオフィルムは強固で耐性も強いため、抗菌剤や抗生物質を通しません。そのため、免疫細胞である白血球も入り込むことができないのです。その結果、細菌がますます増殖し、歯槽骨に細菌が侵入しようとするのを防ぐ自己防衛反応として、歯を破壊してしまうのです。また、重度の歯周病になってしまうと、歯周外科や再生療法など、複雑な治療が必要となり、容易には治すことはできなくなります。しかし、初期であれば歯周病は比較的簡単に治すことができるのです。どんなに重度の歯周病にも初期の段階はあったわけで、そこで注目して欲しいのが定期メンテナンスなのです。メンテナンスによるプロの衛生士の管理指導を受けることで、歯周病は進行をとめることができるのです。まず最初に行っていただきたいのが、歯周病にかかりやすいかどうか、口腔内の状態を精密検査することです。現状を知ることが改善への第一歩だからです。リスクをきちんと理解した上で、自宅でのセルフケアと衛生士によるプロフェッショナルケアを継続的に行っていければ、歯周病は決して怖い病気ではありません。 あすなろ・デンタルケアでは、Roy Page(元ワシントン大学歯学部教授)をはじめとするアメリカの歯周病専門医グループとPREVISER社が10年かけて開発した、歯周病のリスク診断を行う「OHIS」というソフトウエアを使用し、蓄積され続ける膨大な疫学データをもとに構築した世界基準のリスク評価を患者様に提供し、そのリスクに合わせたメンテナンス間隔をご提案させていただいております。

OHISの主な特長