滅菌室について

ヨーロッパ基準の滅菌システム「DACシステム」を導入しています。

あすなろ・デンタルケアでは、患者さまにより安心安全に治療やメンテナンスを受けていただきたいと考え、「DACシステム」という滅菌システムを導入しています。世界中で最も審査が厳しいといわれるヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格を誇る滅菌システムです。クラスBの規格とは、滅菌前、乾燥時に数回に渡り真空状態を作り、飽和水蒸気を流し込みます。この行程を数回繰り返すことにより、複雑な器具でも隅々まで高温の水蒸気を行き渡らせることができ、あらゆる種類や形状の菌を滅菌することができます。この滅菌レベルは、世界で最も厳しい滅菌基準をクリアするレベルです。

治療に使用する専用器具も付着物を取り除いてしっかり滅菌。

あすなろ・デンタルケアでは、タービンやコントラ、ハンドピースといった治療に使用する専用器具も精製水を用いて機械の内部、外部の洗浄からオイル注油まで行うDACユニバーサルシステムを導入しています。治療後の専用器具にはさまざまな病原細菌やウイルスが付着していますので、徹底した滅菌を行う必要があります。これらの機器を滅菌する方法として、これまではオートクレーブという高圧滅菌器を使用したり、1本1本スタッフがアルコール消毒を行うのが主流でした。これらの作業は手間と時間がかかり、治療サイクルと滅菌時間が合わず、患者さまをお待たせすることになってしまうなどの問題がありました。DACユニバーサルを使用するとわずか12分という短時間でこれらの内部までしっかり洗浄、滅菌してくれます。器具の表面だけでなく、内部からしっかり洗浄滅菌できる上に従来の滅菌時間を大幅に短くすることができるDACユニバーサルの導入により、安心安全な治療を提供できるようになりました。

モリタ社のウォッシャーディスインフェクター【WD-150】について。

あすなろ・デンタルケアが導入しているウォッシャー・ディスインフェクター【WD-150】の特長は、以下の通りです。