子供の歯並びについて

不正な歯並びを放っておくと・・・。

歯が前後に重なって生えているなど、歯並びが乱れているということ は、ブラッシングが届かない場所ができ、そこに汚れがたまってしま います。この汚れ(プラーク)をそのままにすると、やがて虫歯や歯周 病の原因となるのです。またうまく食べ物を噛むことができないこと により唾液の量が減り、口腔内はますます汚れがつきやすくなってし まうのです。そのほかにも以下のような症状を引き起こすことがあり ます。

・発音障害

・消化不良

・唇や舌から血がでる

・歯が折れる、欠ける

・顎関節症

・口が大きく開けられない

歯並びが乱れる原因は?

さまざまな原因が考えられますが、生えてくる歯に対し、顎が小さいと 考えられています。歯の大きさは両親の歯の大きさに遺伝することが多 いです。一方、顎の大きさは、遺伝的要因のほかに食生活など後天的要 因に影響を受けるといわれています。噛む回数を意識することは、顎の 発育に大きく関係してきます。

次に、後天的な要因の中で、代表的な症状とその影響については、以下の通りです。

Eラインのチェックポイントとは?

Eラインとは顔を横から見たときの鼻の先端から顎の先を結んだラインのことです。日本人の場合、このラインより上唇が1~2㎜後方にあるのが最も美しい横顔とされています。また顔を正面 から見たときに、顔と顎がずれていないか、口を閉じたときおとがい部(下顎の先)に梅干し状のしわができていないかがポイントになります。

小児矯正の早期治療について

「早期治療を早く始めると抜歯の可能性が低くなる」ということを聞くことがありますが、これは一概に正しいとは言えません。 永久歯への生え変わり具合や成長度合いなどによって治療の開始は、時期は変わってきます。では、早期矯正治療が必要な症状とはどんな症状なのかをまとめてみました。 ・部分的な治療だけで改善すると思われる症状  埋伏歯、捻転など。 ・本格治療まで放置することによって悪化するだとうと思われる  症例 ・機能的に問題がある症状 ・悪習慣や舌癖など機能的に問題がある症状 ・本格治療だけでは改善不能な症例 ・上顎と下顎に骨格的なズレがある症例 ・狭くなっている歯列弓をわずかに側方拡大する症例

矯正歯科治療の主な流れ

4~9才の方

10才以降の方

18才以降の方